Product

クリエ

クリエクリエ

パッチワーク&ダイヤステッチ仕様のレザー素材(ゼブー牛(こぶ牛) タンニン・シュリンク革)を使用しております。一定サイズに裁断した革を、一つ一つ繋ぎ合わせ筒状にし、更にダイヤ状(ひし形)にステッチを入れる仕様です。「革漉→縫製→貼る→縫製」の工程を幾度も経て完成される、上品さと洗練された雰囲気の素材です。 縫製面では縁巻き縫製方法を用いています。表側の革と裏生地を別々に縫製し、最後に天マチを手作業で丹念に革で縁を巻き、ミシンで縫製するという手間の掛かる縫製を施しています。ハンドルにはソフトな芯材を革で包み込み、手間の掛かる返しミシンなどの縫製を行うなど、細部まで作り込んでいます。

このシリーズの商品を見る

クルザール

クルザールクルザール

メイン素材にベジタブルタンニン鞣しを施したゴートスキンを使用しております。ゴトスキンは、繊維質の密度が非常に高く緻密な繊維構造を有しています。弾力性が強くかたい革質ですが、しなやかな柔らかさを併せて持っております。摩擦に強く薄くて丈夫な特徴を持ち、型崩れもしにくい優れた特性を持っているゴートスキンは高級革素材として多用な用途に用いられています。

このシリーズの商品を見る

ノーヴェ

ノーヴェ

PAN10シリーズでは表素材に撥水加工を施したナイロンヘリンボーンを使用。 引っ張り、摩耗強度に優れた素材となっています。 新しく発売したPAN20シリーズは軽くて摩耗性に優れた600デニールコーデュラポリエステルを使用しています。生地表には撥水加工を施し、裏面にはポリウレタン加工を2回行っているので雨や汚れが付着することを軽減してくれます。 どちらのシリーズも極力メタルパーツを使用せず、革等で補強を行うことで軽量をはかっています。 使用性に優れた機能的な装備・飽きのこないスタイル・驚異的な軽さを実現したビジネスシーンに最適なシリーズとなっています。

このシリーズの商品を見る

グレーデ

グレーデ

ポリエステル生地を使用したビジネスシリーズ。生地表に撥水加工を施していますので、雨や汚れの付着を軽減してくれます。さらに表生地・裏生地・芯材からなる3層構造となっていますので程よい生地の張り感が特徴となっています。 内装はPC対応になっており、さらに背面にはキャリー対応のファスナーがありますので、ビジネスシーンで活躍してくれるモデルとなっています。

このシリーズの商品を見る

シフラ

シフラ

軽く丈夫で磨耗性に優れた600デニールコーデュラポリエステルを使用しており、生地表に撥水加工を施しているので、水や汚れの付着を防ぎます。さらに裏面にポリウレタン加工を2回施しておりますので、水への対策はより万全です。 表生地・裏生地・芯材からなる3層構造になっており、ほどよい生地の張り感、簡易防水的な役割を持っています。 バッグ本体の縫製は二重にミシンを掛け、力の掛かる部分にはジグザグステッチ・Xステッチを施し、さらに裏生地と一緒に縫い込むなどの補強を 施した頑固な縫製をしています。持ち手・ファスナー引き手には牛スムース革を使い、強度にさらに耐久性を持たせています。強度面や機能面にこだわったビジネスバッグを超えた多機能な装備を備えたシリーズとなっています。

このシリーズの商品を見る

フォリア

フォリア

メイン素材に"CRUMBS"というイタリアの大規模タンナー、マストロット社製の革を使っています。長く使っても変色が起きません。 イタリアならではの綺麗な色使いが特徴。表面にポリウレタンフィルム、さらにシュリンク型押しを施し、傷が目立たなくなっています。 インナーにはトスカーナ地方のベジタブルタンニンなめし革を使用。 側面コバ部分は磨いては塗る作業を数回繰り返して作る、細かいディティールに拘った丹念な作り込みです。

このシリーズの商品を見る

ラシオ

ラシオ

本体素材に使われている革は、タンニン(植物の渋なめし)&染料仕上げです。 丹念になめされたスムース牛革を使用しています。なめし後、革の表面に染料仕上げを施した、非常に手間と労力のかかる製法です。 この製法で作られた革は傷もつけば色落ちすることもありますが、その反面使い込む程に傷も薄れ手脂や水(雨)などにもまれ時間をかけていくと革の艶が増してきます。使い込むほど美しい艶になる優れた特徴を持っています。たとえ時間が経っても、いつまでも変わぬ美しさと光沢、柔らかさ、しなやかさを保持することができます。また、裏革はタンニンなめしヌメ革を使用しております。中生地は光沢のあるシャンタン生地です。 【縫製・機能説明】 本体の縫製面では切り目コバ磨きと顔タタキという縫製方法を用いています。手作業で丹念に貼り付けてから、表面にミシンで効かせステッチを施し、縫製するという手間の掛かる縫製を施しています。また、コバ部分には、磨いては塗るといった作業を数回繰り返し施すなどかなり造り込まれています。革部分のコバ磨きやねん引きなど細かいディテールにまでこだわったシンプルでありながら高品質な印象を与えています。

このシリーズの商品を見る

ウォルテ

ウォルテ

イタリアミラノにある老舗タンナー「MONFRINI PELLAMI S.R.L」(モンフリーニ・ペラーミ) 社製の角シボ型押しコーティングの牛革を使用しています。 細長いシボが直角に交わり模様を形成しているこちらの革は俗にプラダシボと呼ばれています。 更に凹凸のあるフィルムを高圧縮で押しつけて、表面に凸凹をつけています。 革本来の表情は失われますが、圧縮されたため密度が濃く硬く、水に強くキズが付きにくいなどの優れた特色があります。インナーの一部には表と質感の違う牛ヌメ革を使っていますので、異色ながら深みのある表情になっています。

このシリーズの商品を見る

アルタール

アルタール

ピーアイディーから余計なものを削ぎ落とし、できるだけシンプルに仕上げたスムース牛革トートバッグ。肌触りの良いなめらかな革の質感と上品な光沢が魅力的です。通勤通学としてはもちろん、老若男女問わず使いやすいデザインです。カラーも5色と豊富にあり、お好みやシーンに合わせて選んでいただけます。A4サイズが収納でき、内側にポケットがついているので小物を分けておけます。多くの方にレザーバッグを楽しんでいただきたい想いを込めて、価格と品質にこだわったアイテムです。

このシリーズの商品を見る

セルヴァ

セルヴァ

本体素材には品種ゼブー牛(こぶ牛)コンビネーションなめし(混合なめし) 角シボ型押し革を使っています。ゼブー牛の原皮を回転するタイコと呼ばれる容器にタンニン、油分などを入れ容器を回転させ、なめされたタンニンなめし革を再度同じ工程でクロムでなめす方法がコンビネーション鞣しです。 一般的にはこの工程が逆の場合が多いですが、本製品にはタンニン主体のクロムなめしを行っております。タンニンレザーよりも変色・変化が控えめで、コバ(革の断面)が整うのでコバ磨きの手法ができ、メンテナンスも比較的手軽など、両なめしの優れた特徴を併せ持つ革です。 本体の縫製面では、表側の革をタタキ縫い、内装を中縫い縫製を用いています。表側と内装を別々に縫製し、最後に天マチでまとめる仕様で、丹念にミシンを使い手作業で手間の掛かる縫製を施しています。ハンドル付根の縫製には外タタキ仕様にしております。 ハンドルを取り付ける受け側を上にしてステッチを入れる仕様で、縫い代部分が見えない為、縫製が難しく時間が掛かりますが、正面からステッチが見えづらく仕上がりが綺麗です。

このシリーズの商品を見る

スビル

スビル

本体素材には品種ゼブー牛(こぶ牛) シボ型押し革を使っています。ゼブー牛の原皮を回転するタイコと呼ばれる容器にタンニン(100%植物性渋)を入れ容器を回転させてなめす、ベジタブルタンニンなめしと呼ばれる製法を行っております。欧米からも高く評価がされているバングラデシュ産の風合いの良いタンニン鞣し革の為、使い込む程、革の味わいが増していきます。なめし後の革にシボ型を革に押し込み表面を顔料で色付けした革です。

このシリーズの商品を見る

ネムス

ネムス

本体素材には衣料用の牛革ナッパを使用。 品種ゼブー牛(こぶ牛) の原皮を回転するタイコと呼ばれる容器にクロム、油分などのなどを入れ容器を回転させてなめす、クロムなめしと呼ばれる製法を採用しています。 タイコ内で空打ち作業(革の柔軟作業)を施ことにより、厚みが約0.9m/mと薄く、もちもちとした質感で柔らかく仕上げた牛革ナッパに仕上げています。 バッグ用の革として最適な素材とも言える「ナッパ」とは、もともと手袋や衣料に用いられる羊や山羊の銀付き革を指し、柔らかいものが特徴です。(最近ではナッパとは、柔らかい革の総称としてとらえています ) この製法で作られた革は肌触りが良く、しなやかで柔らかく、水や雨にも強く型崩れし難いなどの特性を持っています。また、使い込む程に手脂や水(雨)などに揉まれ時間をかけていくと革の光沢と、柔らかさ、しなやかさ艶が増してきます。

このシリーズの商品を見る

オネスト

オネスト

本体の素材には、シボ状の型を押したポリウレタン合皮とドビー織ポリエステルナイロン生地を使用した異素材コンビにしております。ポリウレタン合皮は発色に優れ肌触りが良く丈夫です。ドビー織ポリエステルナイロン生地には表面に撥水加工・裏面にPVC(塩化ビニール加工)施してあります。撥水加工に、さらにPVC(塩化ビニール加工)を施すことにより、水対策は勿論のこと生地にありがちな汚れや水濡れによる重みや方崩れ、内容物が濡れる等を防いでいます。

このシリーズの商品を見る

ヴァスト

ヴァスト

本体表に使われている革は、おもにフランス・スペイン・ポーランド産の原皮を使用し、日本国内で、ベジタブルタンニン(植物の渋)なめし&染料仕上げをされたコードバンを使用しております。染料仕上げは染料のみを使用する仕上げで、革表面に透明感を持たせ、革らしさを象徴する銀面模様が顕著に見られ、素肌のきれいな高級革の仕上げになります。日本に数社しかないコードバン一筋のタンナーでなめされ、表面加工されております。

このシリーズの商品を見る